赤馬衆日記2009

J2ロアッソ熊本とサッカーをこよなく愛するオバチャンのほぼゴール裏日記♪
<< 備忘録 | TOP | 地道に浸透中 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | | author スポンサードリンク | - | -
代表戦
◆天晴れJAPAN◆
W杯最終予選を控えたカップ戦、果たしてここで全力を尽くすか少し肩の力を抜いて試合勘をキープするかで、試合に臨む姿勢がはっきりわかります。逆に言うとこんなにわかりやすいマッチはないくらい。トヨタカップじゃこうは行かないもんねー(笑)(あ、名前変わったんだっけ)

日本代表×チリ代表。今宵、双方が肩の力を抜いて戦ったかどうかは、私の知ったコトじゃありません。わかったことは、日本の若武者はすっかり元服姿が板についていたということと、チリのパフォーマンスが完全じゃなかったなあということ。オバチャン風情が何を力んでも説得力はありませんが、あの豆柴くんは春のタケノコのようにスクスク育ってくれたらいいなあと思いますし、欧州武者修行帰りの彼のモダンなプレーもしっかり身についたものとお見受けしました。

W杯出場が命題でもある代表だけに、ちょっとでもパフォーマンスが落ちると周りからキビシイ声が飛びまくるシビアさが、逆にSAMURAIBLUEを少しずつ打たれ強いチームに育てたんだと思います。勝ち負けは別にして、W杯の切符をもぎ取ったフランス大会から、日本代表は明らかにワールドサッカーに即した戦い方にパワーアップしてますもんね。

そこまで遡れば、当然その前に日本がW杯に食い付くモチベーションの源となった、日本中が真夜中の試合終了に突っ伏した「ドーハの悲劇」があるわけで、サッカーファンとしてこれを体験してなければ、その後のどんな代表戦においても、力の入りようが万倍も違いますけんねー♪



前置き長すぎるのは、代表戦となるとどうしてもそこまで一気に記憶が逆回転をしてしまうから。

で、今日の結果は、4-0で日本の勝ち。90分をフル活用して満遍なく得点した完全試合じゃなかったでしょうか。プレーの一つ一つを拙筆で書き連ねるほど無駄なことはありませんので省略。


日本代表にはいつの日にか、今日のような試合をW杯本戦の予選リーグで見せてもらいたいと願うばかりです。


さらに。

たぶんTV観戦していたであろう、ロアッソ熊本の赤武者衆においては、この90分の「試合勘」というものをしっかりその眼に焼き付けて自分たちのプレーを振り返っていただきたいです。だたし、今日の日本代表をそっくりマネしろなどと、オモチャ売り場で駄々をこねる子供のような無い物ねだりを言う気はさらさらなく、自分たちとどこが違うか、それくらいはしっかり見極めてくれたら重畳と思います。

期待はさらに膨らむしねー(^▽^)。うふ。



◆馬と鳥◆
本日の夕方ローカル番組を総なめでしたね。ロアッソくんとウィントスくんの九州ダービー宣伝隊。RKKでは日も高いというのにベターっと抱き合って生放送でこれでもかとイチャついて見せてくれましたが、小学生の分際でいつの間にそんなおませさんにっっ(-"-)。
市役所訪問のニュースでは馬と鳥がでかすぎて、ニュース終了間際にイケヤ総監督・GMがいることに気がついたオバチャンです……すんません。ちっさくて見えなかったのー(T^T)。

それにしても、時代劇のポスター風に幟旗も仰々しく「水前寺の乱」て何? 九州ダービーを戦国時代物っぽく色づけしたいなら、戦闘開始の宣伝隊はまず熊本城から始めなきゃでしょー。知名度と顔を売るためにも、夕方番組には天守閣下から生放送してほしかったわねー。次に期待しちゃいましょう(^-^)(わがまま言うてます)



◆フラッグ◆
文字だけだと簡単だと思い知りました(^.^;) 今回、サポの欲望とチームへの激励なので深い意味はまるでナシ。最初にアタマに浮かんだ文句をそのまんま。雨が降ったら選手入場のみ掲揚♪ おほほ。

SAMURAI BLUE | 23:19 | author 香露 | comments(0) | -
スポンサーサイト
- | 23:19 | author スポンサードリンク | - | -
コメント
コメントする